下描きは、なるべく細い線で描きたいので、鉛筆ではなく、必ずシャープペンシルを使います。
また、作品によっては、その線を水に滲まないコピックのマルチライナーでなぞります。

透明水彩絵の具

絵の具は色が滲みやすく、重ねても濁りにくいホルベインの透明水彩絵の具を使います。
バーントアンバー(こげ茶色)を1番使います。
アクリル絵の具は陶土に色付けするときに使いますが、アクリル画は最近描いていません。

これが最後に描いたアクリル画です。

unnamed-1

油絵は遠い昔に挫折した記憶があります。

これは一応、油絵です。

油絵

クレヨンも最近は使っていません。
一時期はクレヨン画しか描いていなかったのですが。

これはクレヨンだけで描いています。

クレヨン画

紙は自分の好みに合った滲み方をする、ホルベインのウォーターフォード水彩紙を愛用しています。

しばらくは水彩絵の具の作品をたくさん描いていくつもりです。

ふてネコ

関連する投稿 / Related Post