森に生きるどうぶつたち

登山経験は数えるほどしかないのだけど、森で撮影された写真や絵本、小説が好きだ。
都市生活のなかでは「自分は何のために生きているのか」なんて思考に陥りがちだけど、美しくも過酷な自然のなかで生きる動物たちは、ただ生きるということの意味を、奇跡を教えてくれる。

個体数が増えすぎて、昨今では“害獣”と言われてしまうニホンジカを描いてみた。
人間と動物が上手く共存できる世界をただただ望む。

羆撃ち (小学館文庫)
羆撃ち (小学館文庫)

posted with amazlet at 17.07.12
久保 俊治
小学館 (2012-02-03)
売り上げランキング: 4,933